BLOG

神奈川県

床置きエアコン分解クリーニング専門店

当店キラッとハウス(株式会社横浜GLITTER)は
創業15年〜ハウスクリーニング、エアコン空調設備洗浄などを行う「洗いの専門店」です。

床置きエアコンのカビが気になる!?

カビや埃などハウスダストが気になり、臭いが出ていたらエアコンクリーニング(内部洗浄)のタイミングかも知れません。

●汚れの溜まるパーツ臭いの原因となる汚れ

・外装カバー、内部カバー、吹き出し口付近
・熱交換器、ドレンパン、プロペラ
・基盤周り、ドレンホース

床置きエアコンは地面に設置されている為、
中を開けると基盤周り、ドレンホース周辺に壁掛け
エアコンの内部では余り見かけないような
大きめの埃や蜘蛛の巣を発見したり、
断念ドレンホースの周りにもカビが良く生えている
のが少し特徴的です。
各パーツを分解して隅々まで洗浄することにより、
エアコンのコンディションを整え、電気代や
汚れや臭いの改善だけでなく、ノーメンテナンスで
起きる故障トラブルを回避し寿命の延長に繋がる効果が期待できます。

PM2.5対策。室内の空気環境を整える。

床置きエアコンに限らず、室内の空気環境を
整える上ではエアコンの清潔さは非常に大切です。

一般のお宅で衛生管理という言葉は少し大げさ
かもしれませんが、ひとつのお掃除による
小さな変化は時として大きな変化に変わります。

例えば、「夏場、北側の和室が別にどこにも
カビが生えていないのに何だか湿ったような
カビ臭がする…布団もたまに洗ったり干したり
してるのに…」

そんな時はエアコンの汚れ具合を確認してみて
下さい。

エアコンから出る風は室内を流れ、エアコンの
内機本体も空気を吸い込みますので、
汚れが溜まってしまっている場合はカビの胞子や
ハウスダストも一緒に循環させてしまっています。

目には見えませんが、布団や畳などカーテンに
付着した微粒子状の物質はそこでもまた臭いが
発生します。

そのお部屋にまだ目視して発見できるほどの
カビがいない場合、エアコンクリーニングを行い、
いつものお部屋のお掃除と換気で改善される事が
多々あります。布団やカーテンなどは小まめに
洗うのは大変なので、除菌スプレーやレイコップ
などの家庭用掃除機などで一手間加えると、
室内の臭いは改善されます。

※臭いの原因が他にある場合は別ですので、
当社で原因の究明、対策、解決案をご提案します。

キラッとハウス

各種ハウスクリーニング、エアコンクリーニング、
室内空気環境の診断測定、除菌/消毒

出張対応エリア: 神奈川県、一部東京都

お問合せ: 0120-979-664
横浜GLITTER(ヨコハマグリッター)は2005年の創業からハウスクリーニング住居の除菌、消臭、害虫駆除から始まり、今日に至るまで様々な施設で施工させて頂いております。

感染の確認や疑いのある現場、施設などへは横浜GLITTERの別部隊、消毒専門チームがお伺いします。



一般家庭などでのハウスクリーニングの延長で行う清掃除菌はハウスクリーニング事業のサブブランド「キラッとハウス」のチームが行います。

清掃と除菌、消臭は密接な関係にあり正しく行われていない場合は結果を左右します。


訪問先お客様の安全確保は元より社内の部署を完全に分けリモートワークにて管理。徹底した安全管理の下行う作業に危険性は極めて低いが、スタッフ同士の接触を避け、より多くのお客様に安心してプロの除菌サービスをご利用して頂けるよう努めております。


施工会社:横浜GLITTER
神奈川県横浜市港南区野庭町2386-10
tel : 0120-979-664
mail : glitter@house-cleaner.net

新型コロナウイルス等、その他の感染症については下記、CDC(米国疾病予防管理センター)ホームページを参考に一人一人が可能な限りの正しい対策を行い感染拡大の抑制に繋げていければと思います。

加盟団体
本日はキラッとハウスのメンバー4人で、
メンテナンス研究会に参加しました。

トイレのメンテナンスに携わる方々の
貴重なお話、意見交換の場は
とても勉強になりました。

問題視されている除菌についても
改めて考えさせられました。


誰かが、今の環境に不満を思うとき、
本当にもうやれることが無いのか?
吸収できることや結果を出せることが
本当にもう何ひとつも無いのか、
人と比べたり上司や周りのせいにする前に
胸を張って自分はやりきったと言えるのか?
一度振り返って再確認して欲しい。
そして決めたら即行動。
行動は早ければ早いだけ良い。
そんな事を昔、同業のとある若手社員や
今の嫁に出会った当時に言いました。



私達のやっている
ジャパンクリーニングスクールで
根拠ある清掃と謳ってますが、
汚れが落ちる基本的な仕組みは
世界共通ですから当たり前です。
それがどうして落ちるのか?を
学びますのでマスターして初めて
スタートラインに立った状態です。

日々の現場作業では時として
例外を当てはめなければいけない
状況もある事と思います。
清掃業を始めるにあたり免許が
無くてはできないお仕事では
有りませんが、基本を知らずままの
応用と感覚の経験だけを積み重ねた
職人と基礎からしっかりと叩き上げた
職人とでは言うまでも無く、
経験と年数を重ねるにつれて
後者が前者を追い越す瞬間が
必ずやってきます。

清掃を依頼して下さるお客様は
どちらにお仕事を依頼したいのか、
その多くは後者に軍配が上がる
のではないでしょうか。

知識や技術は財産(手に職)と言い
同業他社に知られたくないのは
当然だと思いますが、私達の場合は
ハウスクリーニング事業の
キラッとハウスで長年培ってきた財産、
口コミランキング1位、Googleレビュー
☆5の内容(サービス品質)を外に出し、
同業他社がより一層肉厚に
なればなるほど私達が一番
焦りますのでもっと頑張ろう!
と、より高みを目指さる負えない
状況に必然的になりまた上に昇れます。

そうやってハウスクリーニング店の
皆んなが力を付けて業界の質
底上げができたら清掃を依頼する
お客様で、喜んでくれる人達が
増えるのではないか?と言う
安易な考えを本気でやってます。



ここで言う情報の発信の意味とは
Facebookや Instagram、ブログなど
SNSを発信しなさいと言うことでは
ありません。勿論、発信できれば
尚良いのですが、その意味とは
頑張ってる自分を見てる人はちゃんと
見てくれている。こんな素晴らしい
日本語があり、その通りだと思いますが、
黙々と頑張っている自分を他の人は
自分が思ってる以上に実は見られては
いません。

何故なら、見せなきゃ言わなきゃ
分かり難い商売だからです。
例えば、「海外製の高価な機材を導入して
自分はこだわって清掃してます!」
そんなの一般のお客様がチラッと見て
すぐわかるはずがありません。
他にも、「細かいところをこだわって
清掃してます!」結果を見られる
お仕事でそんなの言わないとわかる
はずがありません。
それでも結果を見てくれている
お客様はちゃんといますが、
いつまで待てば評価されるのだろうか。

相手はお客様でも元請けでも良し。
または会社の上司でも良し。
自社が行っているサービスや
自分が日頃頑張っている清掃を
しっかりと周りに伝えること。
これが情報発信の始まりです。

自分で自分を評価するのは
恥ずかしさもあったり、ましてや
SNSやインターネットとなると
他社と比較して周りの目が
気になったりとするかも知れません。
僕の知る方のごく一部で他社の
SNSを頻繁にチェックして陰口を
言って回る人もなかにはいますが、
その人はきっと自分のファンです。
そんなくだらないことを気にするよりも
誰の為に清掃をしているのか?
考えれば答えは見えてきます。

現場から帰ってきて疲れているなか
情報発信も簡単ではないかも
知れませんが、できたらお客様の
為に自分のことを清掃業のことを
知ってもらう発信をしてみても
良いかと思います。

何をどのように発信したら良いのか?
目的を達成する為の効果的な
発信の仕方が分からないという方には
ジャパンクリーニングスクールの
SNS講座で一から手取り足取り
講師と一緒に投稿、発信を進めていく
長期講座もあります。

以上。
今回の日本ビル新聞の内容でした。

私達、横浜GLITTERは
これからも。今まで同様、
それ以上に「掃除道」を突き進むのみ。

毎日、キラッとハウスの業務で
使用している実際のリアルバケツが

業界のアイデアグッズ大賞に初参加で入賞しました!

この度は大変有り難く。

特別賞とメーカー賞2社を頂きました。


オリジナルのアイデアグッズなど

大小含めれば作業車と倉庫の中のほとんどが

そんな感じですので、もっと早く知っていれば

毎回応募したのになぁ〜って感じです。

青とグレーの四角いバケツ。

また気持ち悪いと思われそうな

発言だけど…我が子の様で、

展示の為に数日間、手元を離れてましたが
心配で心配で(笑)
なんでもないバケツです。
ただのバケツです。
内側を洗濯板化して
ただちょっとマイクロファイバークロスを
洗うのにより綺麗により早く
雑巾を洗えるだけです。

勿論、パット類や普通の雑巾でも、

効果を発揮して細かいゴミだけでなく、

拭き取った油なんかも雑巾からの

剥がれが早いしとても楽です。

SNSではこの話は既にしてましたが、

会社のホームページでもトピックスの

公開しようと思い書いてます。

日々やっていることは、現場に事務、

見積り現地調査、打合せ、会議の毎日なので、

そんなにトピックスなんて

普通に仕事していたらなかなか無いですからね。。。


お掃除のアイデアグッズを公表できる

イベントはとても素晴らしいと思います。

他の入賞されていたアイデアや

受賞されなかったアイデアもどれも超すごかった!


このイベントには色々な面白い点、

清掃業界の特徴なんかも表していて

少し考え深いものがあります。


日頃、当たり前の様に仕事をより良いものに

しようと考えながら作業していなければ、

まずアイデアグッズは生まれません。

そして、アイデアグッズには既製品では

物足りない、あと一歩の現場目線で求めるもの

が現れており、商品開発するメーカーさん等が

参考にして頂けたら嬉しく思います。


自社のやり方や技術など使っている道具から

洗剤など、「同業他社には知られたくない!

良いものを独り占め!」ではなく、色々な

沢山の人のアイデアを大勢で共有するという

この企画は大変素晴らしいことだと思います。


誰々の真似だとかこれは誰のアイデアだとか、

そんなことは良い清掃サービスをお客様に

提供する上で実にくだらないこと。

今よりも、もっと仕事が効率的になり、

サービスの質も上がるなら、

堂々と良いことは真似していこうじゃないか!

真似が嫌なら新しい物作れば良いだけ!


そもそも真似という言葉事態が負である。

情報は自分も出して、自分も沢山人から

吸収させてもらって持ちつ持たれの共有できる

環境がプロへの近道と、そんな風に思う。



清掃はまだまだ全体的に男性が多い業界。
そんな時代もそのうち逆転するかも!?

清掃業も女性が輝く職業のひとつであること。


横浜GLITTER(キラッとハウス)の
樽川めぐみ専務は女性が活躍する
清掃業、新しい時代をつくる地道な活動や
清掃会社、清掃関連の企業へ向けた様々な
コンサルタントを行なっています。

パワフルな女性プロクリーナー達の
特集となった令和元年第一号の5月号

「月刊ビルクリーニング 」


是非ご覧頂けたら幸いです。


http://bm-book.com/?mode=grp&gid=297172&sort=n

http://bm-book.com/?pid=42547238




本日、横浜GLITTER主催のハウスクリーニング、「スタートアップセミナー」を開催し無事終了となりました。

参加者の方々へは遠望からのご参加、そして私達のお話に長い時間お付き合い下さり心より感謝を申し上げます。
私達が主催するセミナーは階段を一歩ずつ上がっていくのと同じで、決して踏み外さないように正しい階段の上がり方。基本的な真っ当な正規の上がり方と例えるのが良いのか?

スタートの部分を根拠、裏付けに基づいたやり方で細かく学んでいきます。お掃除業界特有の「私はコレが良いと思う!」などの個人的な主観ではなく、何かを否定する訳でもない。根拠のある良い事だけをお伝えしています。

セミナーの目的はこれから始める方も、既にスタートしている方にもハウスクリーニングという仕事を最新のプロフェッショナルレベルで学んで頂き、プロとして必要とされる知識の習得と、当社の経営の中身を包み隠さずマルッとお見せして経営の参考にしてもらえたら良いですし、何より樽川夫婦が描く「ハウスクリーニング愛」をほんのちょっとでも感じてもらえたら、そして何か参加者様がお仕事で良い変化が生まれたりして、お掃除を依頼するエンドユーザー様が「ハウスクリーニングを頼んで良かった!」と感じてもらえる人が一人でも多く生まれたら業界も活性化するし、本当に嬉しいなと思います。
次回のセミナー開催日など

セミナー内容については…
大変お手数ですが、気になる方は
当社を隅から隅までチェックして下さい(笑)
すいません

ビルメンヒューマンフェア&クリーンEXPO
2018


清掃関連の展示会で同業さんへ向けた会場案内、各メーカーの洗剤道具資機材のご紹介。人と人を結ぶ交流会を毎年主催しています。


今年はベテランの方から、異業種から新規参入された方など、これから開業される方、女性ハウスクリーナーさん、清掃会社勤務の方までいろんな方が遠方からご参加下さいました。

お疲れ様でした!
また集まりましょう(^^)







ハウスクリーニング 国際ライセンス

HTC(ハウスクリーニングテクニシャン)
世界各地にある清掃関連のスタンダード基準を定める団体IICRCのアメリカ本部にて日本人初となるハウスクリーニングのライセンス試験を受講し合格しました。


清掃資格は国内でも多数取得しましたが、資格というのはなんでも取得して初めてスタートラインに立ったも同然です。IICRCの資格は全て年間で必要な単位を取り続けないと消滅してしまいます。勿論、更新もあります。

今回取得したライセンスは当社が行う日々のハウスクリーニング業務に反映させより一層の品質向上に役立てます。

お客様の高いご期待に応え、一味違う唯一無二のプロフェッショナル・ハウスクリーニングを今後も継続してご提供していく所存でございます。


横浜GLITTER 
代表 樽川一輝

エアコンクリーニング


神奈川県 横浜市のエアコンクリーニングなら
キラッとハウスにお任せ下さい。
今年の夏は記録的な暑さになってますよね。
エアコンも例年よりフル稼動しているお宅も多いはずです。

室内でも熱中症にはなりますので今やエアコンはなくてはならない電化製品のひとつです。
ずっと付けてると電気代も気になるところですが、熱中症になるよりかは…と思いますし、夜寝る時もエアコン付けていないと寝苦しいほどの暑さです。

そして、私自身も最近ちょっと喉が痛いです。(笑)
これは外気温と室内の温度差、カビやハウスダストによるもの。エアコンの風に直接あっているのが原因で、連日テレビやラジオなどでもエアコン咳、ぜんそく、アレルギーについて取り上げられてます。

かと言ってエアコンを使わない訳にはいきませんので、必要以上にエアコン温度を下げ過ぎない。
エアコンと合わせてサキュレーターで空気の循環を行うことをお勧めします。

あとはエアコン内部のこの汚れ↓
このカビやハウスダストは私達キラッとハウスが行うエアコンクリーニングで取り除くことができます。エアコンから出る空気を綺麗にすることで、エアコンによる咳ぜんそく、アレルギーの軽減効果は期待できます。

この夏にお勧めの清掃メニューです。

http://www.kiratto-glitter.jp/

「とにかく虐待事故を無くしたい。」


当社は数年前からオレンジリボン運動という児童虐待防止活動を行うオレンジリボン活動を応援しています。


年間で虐待による死亡事例は50件を超えており、誰も周りが気がつかない隠れ虐待は相当な数だと思います。

今年ニュースで報道された虐待によって命を落としてしまった5歳の女の子。逮捕された親は、もはや親ではなく悪魔の他、何者でもない。子供も親とは全く別のひとりの人間であり、その命を奪う権利は肉親ですらそんな権利はない。

あの事件から行政も改善の策を講じて現在動いてくださっているので、本当に有難い。がしかし、あの事件は今更言ってもだめですが、2回も保護していたにも関わらず最悪のケースに至ってしまい、守れたかもしれない命であった。


「オレンジリボン活動参加のきっかけ」


当社キラッとハウス代表の樽川も幼少期は義父の暴力があり頭を殴られ過ぎて小学校の頃、頭の中に血の溜まった膿ができ、病院で吸引してもらったり、中学の頃はハサミで髪の毛を適当にバサバサ切られて恥ずかしくて学校に行けなかったり。(笑)

軽い虐待だか?しつけだかわからない経験をしました。今では笑い話しで義父にも育ててくれた感謝の気持ちしかありませんが、当時は満たされない気持ちがあり、辛かったのを覚えております。

そんな経験からか、今私が経営するハウスクリーニングの会社で何かできることはないか?と考えた結果、子育て家庭のお宅に訪問するハウスクリーニングの業務の中でオレンジリボンのパンフレットの配布や、私達のお掃除の技術で養護施設へボランティア清掃でお力添えくらいの微力な活動を行なってます。

「全国児童相談ダイヤル 189」


虐待という言葉は少々インパクトの強い言葉ですけど、虐待をしたくてしている親はあまりいないと思います。

家庭内での金銭的な問題、仕事の問題、家庭の問題、身内や親族の悩み、子育ての悩み。言うことを聞かない子供へのいらだち、教育の悩みなど、親御さん自身がクリアできていない悩みの矛先が子供への虐待に繋がるケースは非常に多いのです。

オレンジリボンの全国児童相談ダイヤル
電話 189 (イチハヤク)


児童相談ダイヤルはこのような家庭内の問題についても電話相談ができます。別にうちは虐待してますとか、虐待しそうとかそんなのは関係ありません。オレンジリボン活動が目にとまり、気になったら悩み相談するくらいの気持ちでお電話してみて下さい。


オレンジリボン活動情報交換会


様々な業種の大手企業も多数参加されていましたが、清掃会社はいなくて当店だけでした。
ハウスクリーニングは子育て家庭のお宅にあがらせてもらえるお仕事で、何かあれば異変にも気がつけますし、パンフレット配布なども可能です。
生活に寄り添うお仕事だからこそ、オレンジリボン活動は特に活かすことができると思うのですが…

情報交換会でオレンジリボン活動の促進グッズなど買わせて頂きました。本当に微力だけどキラッとハウスは今後も児童虐待防止活動を続けていきます。